マクロビューチー

赤ちゃんからお年寄りまで安心して外食できる玄米菜食カフェ。
Sobe'sCafeスタッフの玄食米ビューチー日記!
<< IT戦略座談会 オリジナルブログをつくろう! | main | 今週の週替プレート 8/21〜8/24 >>
どうしてお肉を食べないの?
0
    朝日
    昨日モンゴルより6日間の旅から戻りました!

    モンゴルではゲルにとまって、遊牧民に乗馬を習って
    四方が大草原の雄大な景色の中を走り回りました〜。
    馬での移動はあっという間。
    馬はその辺の草を食べますから餌代ゼロ。
    人はわずかな干し肉を腰につけて馬の乳を飲めばどこまでも移動できます。
    広大な大モンゴル帝国を築けたのもうなずけますね。
    肉食のイメージがある遊牧民は意外なことに夏の間は肉は食べないんですよ。
    馬の乳を発酵させた馬乳酒、ヨーグルト、チーズで
    ビタミンや乳酸菌をとり腸内環境を整えます。
    体に脂肪や力を蓄えるために冬になったら羊の肉を食べるのだそうです。
    野菜をとれない地域でも智恵と工夫で体のバランスをとってるのがすごいです。
    ただモンゴルでも急激な近代化が進んでいます。
    いろいろなものが手にはいることで季節や体のリズムとは関係なく
    雑食、過食になってくるのは日本が通ってきた道と同じでしょう。
    食べ物だけでなくそれは生活全般にもいえます。
    草原で合成シャンプーで髪を洗っている若い女性がいました。
    しインドでも泥で顔も体も洗って事足りていたのに、
    アメリカの洗剤メーカーが学校の授業にまで入り込んで「石鹸をつかおう」と啓蒙しています。その次は合成シャンプー、歯磨き、洗剤ですね。

    私はマクロビオティックをしていますが、
    食べ物だけ気を使ったらそれでいいとは思っていません。
    暮らしぶり全般をみわたして「これでいいのだろうか?」と
    問題意識をもち、できるところからちょっとでも実行しようかな、と
    思っています。

    いま盛んにいわれている「CO2削減」についてもそうです。
    「どうして肉を食べないの?」と聞かれますが
    「マクロだと肉は陽性すぎるから」というよりも
    「飢餓が救えるから」「CO2が減るから」と答えています。

    牛肉1キロを作るために、10キロの穀物を必要とします。
    牛肉で養える人数を1人とすると、穀物で養える人数は10人。
    仮に先進国と呼ばれる国が、肉食をやめ、穀物の生産量を平等に分配したとすると、世界中の貧困がなくなる計算になります。

    さらに飼育にはたくさんのお水を使います。
    例えば、小麦を1キロつくるには2トンの水が必要で、10キロの小麦から1キロの牛肉が採取できるため、牛肉1キロを生産するには20トンもの水を使用しています。

    21世紀は確実に水不足の時代になるといわれています。

    中国が穀物輸入国になったのは地下水の膨大な使用による地盤沈下が原因ともいわれています。

    肉食をやめて穀物をとれば、10倍の人が救えてお水の使用量が10分の1で
    すむんですよ。


    家畜飼料用の穀物の栽培や、牧場にするために世界中の熱帯雨林が大量に伐採され、生態系に深刻な被害をもたらしています。
    家畜の排出する糞尿が硝酸性窒素や温室効果ガスを生み出し環境汚染の大きな原因のひとつになっています。
    硝酸性窒素は地下に浸透し、私達の水道水や井戸水にも混入し発がん性の問題もとりあげられています。

    もちろん、肉は全く食べるな、といってるわけではありませんよ(^^
    ただ、そういう意味においても玄米はわたしの食生活の中心にあるのです。
    一番は「おいしいから」 なんですけどね(笑

    ただ、そんなことも頭において
    食べることから身の回りのことに
    思いをはせるのは決して無駄ではないと思うのです。

    さらに、一歩すすめて今日からできることをしてみたら
    どうかな〜なんて思います。
    | オーナーの部屋 | 17:50 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE